表札に関する情報が満載!

表札を学ぶ

表札を設置するにあたってのポイントについて

家の玄関に設置する表札は、その家に誰が住んでいるかを示すための大切なアイテムです。
これを見て、郵便物も届けられ、来客も訪れるのであり、分かりやすいものであることがまず大切です。
表札の文字は漢字やひらがな、ローマ字などさまざまな種類があり、字体に関しても明朝体やゴシック体、ポップ体などいろいろありますが、読みやすい文字にすることが重要です。
ローマ字はおしゃれですが、子供やお年寄りには分かりづらいこともあるでしょう。
また表札を設置する際には、その材質選びも重要です。
玄関前に設置することがほとんどであり、四季を通して雨や風などの自然にさらされることになるので、老朽化しにくい材質の物を選ぶようにしましょう。
最近は材質の種類も非常にバラエティに富んでおり、ガラスや陶器、石、木材、そのほかにもタイルを敷き詰めて作られていたりと珍しいものもあります。
雨に濡れても剥げたり腐ったりしない丈夫な物が良いでしょう。
また設置する場所を、できる限り屋根がある部分にすることで、長い月日綺麗なまま保つことができます。
設置方法としては、コンクリートに埋め込んだり特殊なボトルを使うような場合には工務店に依頼する必要があります。
簡単に自分で設置できる物もあるので、試してみると良いでしょう。

表札を出さない部屋が増えている

個人情報の流出ということが最近よく話題にあがります。
個人情報の流出関連で一番問題になるのは、銀行預金の残高を他人に奪い去られたり、クレジットカードを他人に使われたりということが頭に浮かびます。
しかし、自分達が認識していないところでその漏れた個人情報がどのように使われているかは違った使われ方をしている可能性もあり、自分自身を守る意味でも自分の情報をしっかり管理する必要があります。
その一環でしょうか、マンションの各戸の入り口や郵便受けに「名前」を出さない人が増加しています。
特にマンションの場合は、部屋番号という郵便物にとっては最終的な判断材料があるため表札を出す必然性が薄れているのは事実です。
さらには、第三者等の訪問者がその家の人の名前を知ることを防ぐことができるというメリットもあります。
一方で、表札を出すことによって近所付き合いがしやすくなるという面があることも見逃せません。
マンションの同じ階の他の人に対して自分の名前を知らせるということはその階の人を信じるという意味合いに理解されるという面もあり、近所付き合いが良好になる場合があるのです。
いずれにしても表札を出すことはある程度の覚悟が必要だという時代になっています。

recommend

PR動画制作ならおまかせ!ホームページとの連携や、YouTubeへのアップロードも対応可能です。

PR動画制作

金沢を中心に石川県内のサロンを料金、施術回数で比較。

金沢の全身脱毛ランキング

不要品回収はもちろん思い出の詰まった物。時計のような小物から軽自動車等の大物まで何でも回収致します

佐賀 不用品

Last update:2018/6/6


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)表札を学ぶALL RIGHT RESERVED