表札に関する情報が満載!

表札を学ぶ

注文住宅にふさわしい調和したデザインの表札

夢のマイホームを持つというのは、大きな目標です。
注文住宅で建物やエクステリアに対して、十分なこだわりを持って新居を建てることができます。
家族の新しい暮らしが、一戸建ての新居で送ることができます。
一方で、住宅にとって見逃してはいけないのは、表札の存在です。
家に暮らす住人の名前を示す表札は、家を構えるうえでの最後の仕上げとして大切なポイントです。
こだわりある新居を建てることができたとしても、表札の見栄えが悪ければ、せっかくの新居の価値が損なわれてしまいます。
このことから、デザインに高いこだわりある物を選び出して、家の大切な表示として掲げられます。
またあるいは、新築の注文住宅を立てる際に、建築デザイナーに発注して、家の外観にマッチした特別なものを作成してもらうという方法も魅力的です。
住まいの外観と適合したものであれば、住宅のエクステリアの一つとして調和し、住まいの良さをさらに引き立ててくれます。

"

表札を魅力的なデザインに

表札は、誰の家であるかを示すためのものですが、そのデザインをどのようにするのかによって、訪ねてきた人や、前を通りかかった人に与える印象は大きく左右されます。
表札を考える上では、デザインをどのような系統のものにするのかを考慮する必要があり、これは、自分の印象をどのように見せたいのかによって変わってきます。
堅い印象をもって欲しいときには、明朝体や教科書体のような文字で名字を書くことで対処することができます。
一方で、明るくファンシーな印象を求めるときには色もピンクなどのような明るい色にして、丸文字やゴシック体などで名前を書くことでそのように印象を与えることができます。
更に、漢字を使うのか平仮名にするのかによっても印象は変わり、漢字の方が堅い印象になります。
こうした表札のデザインは、業者との相談をすることで、オーダーメイドで対応できるかも解決するため、そもそも作れるのかも含めて考えることが大切です。

check

2017/11/24 更新


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)表札を学ぶALL RIGHT RESERVED