表札に関する情報が満載!

表札を学ぶ

風水運気上昇!表札から風水

最近は物騒な世の中になってきたこともあり、表札を出さない家が増えていますが、風水的には良くないとされています。
また、ただ掛ければ良いというわけではなく、いくつかルールがあります。
きちんと守って良い運気を家に呼び込みましょう。
まず材質ですが、天然素材、特に木材が良いとされています。
それ以外の素材のときは白色を選ぶようにし、なるべく暗い色は避けるようにしてください。
形は縦長のものが良いです。
文字は漢字で読みやすい書体、墨字が良く、掘られたものは墓石を連想させますので避けましょう。
逆に名前が盛り上がっているものは、「運気を盛り上げる」につながりますので良いとされています。
また、表札を掛ける位置はドアや門の右側、目線よりやや高めの位置が良いとされます。
マンションなどの集合住宅で、こういった条件に合う表札は難しい場合もあると思いますが、金属製のものならコルクを貼るなど、出来る範囲で実践すると良いでしょう。

" "

風水にこだわった表札を選ぶには!

家の玄関に掲げる表札は、家族の顔として周囲から目につく物なので、こだわりたい人も多いです。
最近は、家の雰囲気に合わせて決める人も多く、軽やかな雰囲気に仕上げるように、ステンレス製やアクリル製の素材を好む人もいます。
もし、風水の観点から選ぶのであれば、一番良い素材は木といわれています。
ステンレスのように人工の素材では無く、自然にある素材がお勧めです。
また、石なら白色のものを選びましょう。
御影石などの黒っぽい石はお墓をイメージするので、避けた方が良いです。
名前の文字は、彫りこんで作るとお墓と同じ技法になるので、縁起がよくありません。
運を盛り上げるという意味でも浮彫の手法で、作ると良いでしょう。
最近は、カジュアルなイメージを意識して、ローマ字を使用する人も増えてきました。
しかし、風水的には昔から日本人で慣れ親しんでいる、漢字の使用が好まれており、特に、楷書と行書を合わせた、楷行書という字体が一番縁起が良いと言われています。

Favorite

Last update:2017/3/2


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)表札を学ぶALL RIGHT RESERVED