表札に関する情報が満載!

表札を学ぶ

オーダー表札は家だけではありません

昨今では新築や改築、リフォーム後、あるいは転職やお祝いのために、表札のオーダーをする家が増加傾向にあります。
さまざまな種類や形状があり、ふたつとないオーダーメイドの表札を会社に依頼して作製することが可能です。
オーダーできる種類には、ガラスやセラミックなどがあります。
またマンションなどでは、表札をはめ込むサイズが決まっているため、オリジナルには製作会社の細かい対応が必要となってきます。
マンションとひとことに言っても、マンションごとにサイズが違ってきます。
特注のサイズや既成サイズ以外のものも作られています。
特殊なサイズのものも、何度も顧客と製作会社とで打ち合わせを重ね、必要な寸法や質を実現することが可能となっています。
飲食店にも対応している製作会社もあり、特大のセラミックを用いたものは、波打っているようにカットされた加工が施されたり、やわらかいイメージやその逆を表現させることができます。
とくに飲食店では、その店のオリジナリティや存在感のある個性的なものが増えてきています。

表札をオーダーメイドで作る

表札は家の看板ともいえるので、こだわりたいという人は少なくありません。
そんな場合、通常のテンプレートの表札・プレートではなく、オーダーメイドでオリジナルの表札を作ることができます。
オリジナルのプレートで作ることを売りにしている業者もあります。
自分で作りたいデザインのイメージをイラストにして見せることで、その通りに作ってもらうことも可能です。
また、漠然としたイメージしかないという場合でも、そこから業者にイメージを起こしてもらい、形にすることもできます。
プレートの素材や形、色なども選べますし、書体も好きなものにできます。
家のイメージに合わせて洋風にしたり和風にしたりすれば統一感のある空間を演出できます。
素材は天然石、ステンレスなど金属をはじめ、ガラス、陶器、木材、アクリルなどざまざまなものがあります。
金属製はさらに厚型・薄型に分けることができます。
金属の種類はステンレス・アルミ・銅・真鍮などに細分化できます。

recommend

印鑑付きボールペンを買う
http://www.8583.jp/products/lists89.html

最終更新日:2017/3/2


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)表札を学ぶALL RIGHT RESERVED